AIR AGENCY BLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
海のおともだち①
水中写真を撮ってきた
以前は水中でも動画を撮ってたが、本格的にやるとハウジングや照明が大きくて器材が結構嵩張るし、せっかく潜ってんのに画面ばかり見てるのも何だか勿体無いよなって事もあり、デジカメに防水用ハウジングでの簡単なやり方に切り替えた
その為かなかなか上手く撮れなかったりもするけど、その中から何枚か紹介します

PC300204_20150111.jpg
ダイバーに大人気のマンタ様!
このダイビングポイントはマンタ様が高確率で見られる事で有名なジャーマンチャネルです

PC290128_20150111.jpg
ナポレオンフィッシュ様
こちらもダイバーに大人気
人懐っこいので近くにやってきます
けっこうデカいよー

PC300330_20150111.jpg
ウミガメ様
ワタシが一番見たいお方です
いつもノーンビリしていて見てるとホッとします
サンゴの間とかにいると保護色っぽくなって探しにくいんだよね

後日②に続く!
スポンサーサイト
さちの②
前回のブログにコメントを寄せて下さった皆さん、ホントにありがとう
私だけの特別な経験ではなく、ペットを飼われていれば誰しもが同じ様な悲しみを味わった事があるはずです
コメントを寄せて下さった方の中にもきっといたはず
感謝する気持ちと、私だけではないのに…と少しばかり心苦しさも感じましたが、今回ばかりは皆さんのコメントを全て素直に有難く受け止めさせていただきました
さちのにも、お前スゴイねー良かったねーと言ってあげました

おこがましい言い方になってしまうのを承知の上なのですが…動物を飼われてる方は大事にしてあげて下さいませませー!

しんどい時はコメントを読み返します

あざーす!
さちの
私の大事な家族、ネコのさちのが今日の午後亡くなりました
日頃の行いが良かったので、間違いなく天国へ向かって真っしぐらだと思われます
ブログで皆さんにお知らせすべき事なのか迷ったのですが、さちのの事を知ってる方も多勢いるし、プレゼントにネコ用のゴハンやグッズをプレゼントしてくれる方もいるのでお知らせすべきと考えました
17歳という年齢はネコとしては高齢です
少しづつ老いの兆候はありましたが
、最近になって急激に体調が悪化し
ここ数日は歩くのも困難な状態でした
どこか痛むのか時折かなり辛そうにもしていましたが、最後は私に抱っこされながら普段と変わらず眠るように逝きました
オムツを取り替えたり水を飲ませてやったりしている時に、赤ちゃんの時のさちのが戻ってきたようで、なんだか嬉しいような気持ちにもなったり…
なかなか家にいられない事も多いのですが、こうしてキチンとお別れが出来た事は悲しさの中にも救いがあるなぁと感じてます
今は身体をキレイにしてあげて、私の横っちょで布団から顔を出していますが、まるで眠ってるようで…
18年近く一緒に過ごしたさちのが息をしてないというのはなんだかピンとこないし、ピンとくるのが怖くて少しビクビクしてたりもします

思ったより長い文章になってしまいましたが、お伝えしたい大事な事は、さちのを気にかけてくれた皆さんへの感謝の気持ちです

有難う御座います
タクシー運転手心に残る名言集番外編!
今回は名言というよりも画像を見てもらいたいので番外編とさせて頂きますね

先ずは一枚目の写真

こちらは運転席の裏側

大量のお菓子がセットされてます
全部タダでご自由にドーゾ!という事です


そして助手席の裏側

鏡!
女性客が小さな鏡でメイクしてたのを見て、お役に立てれば…と思い立ちセットしたそうです


めくってみた

鏡ですね

お客さんに喜んでもらえるならお菓子代なんて安いもんですよと言っていた
不機嫌そうだったお客さんが笑顔になったりするそうです
個人タクシーではないので自分が乗車する時にセットするのだそう
降りる時に、気軽に連絡して下さいと10月の勤務表のプリントまで手渡してくれた

なんというかサービス精神が旺盛で素晴らしく愛想の良い運転手さんだった
飴とかもらった事はあるが流石にここまでってのは経験ないねー



心に残るタクシー運転手について
Tweetした後で彼について書きたくなった
彼にはその後3回ほど遭遇した
ワタシと彼の行動範囲からすると今後も会うだろね
乗る度に世間話をし北海道出身である事や目指していた職業が声優であった事を知った
因みにワタシは自分の職業を明かしてはいない
(彼の口から声優という言葉が発せられた時に、思わずシートからズリ落ちそうになったぞ! ついでに声のトーンも少し変えてみた)

どうやら人懐こく話し好きらしい
家族構成や住んでいる場所、仕事の時間が一般の人とはズレるため友達が多くはない事、近所の惣菜屋さんの事
そしてなぜ声優を諦めたのかなど次々に語られた
自然と、現在養成所に通っている子やかつて学んでいた子、地方で専門学校に通いながらいつかは東京に出たいと夢見る子達の顔が浮かんでくる

「東京という場所についてどう思いますか?」
取材でこんな質問された事がある
ワタシはこう答えた
「田舎にいる時、東京では自分を充たすあらゆる物を身近に感じる事が出来る
実際に来てみると、身近にあるのに手に出来ない物があまりにも多いという現実や欲しい物を手にするためには相当の覚悟が必要であると痛感させられた
道ゆく人達が満ち足りて幸せそうに映り自分がみすぼらしく思えた」

タクシー運転手の彼は今の生活に概ね満足していると笑顔で話してくれた
話しながら感じたのだが残念ながら彼には石にかじりついてでも夢を叶える闘争心が足りなかったのかもしれない
それでも、それでも彼の話しを聞いてワタシはホッとした
彼がチョット早口で滑舌が悪くたって、彼が真面目で愛すべき人間である事は間違いないし、ワタシに、謙虚に今日も頑張ろうと思わせてくれるナイスなヤツだ
今度一杯やらんか?と誘ってみたくもなるよ

唐突に忌野清志郎が嗄れ声で唄ってた曲の歌詞を思い出した
「夢を見るのは悪いことじゃない
事を焦りすぎちゃダメさ
チョットだけ時の流れがキミを焦らしてるだけさ」
ハタチそこそこで色んな事が上手くいかず歯がゆい思いしていた時代、部屋で大声でがなり立てた
今思うとかっこ悪いなー

タクシー運転手の話しを少し…のハズが思いがけず長文になってしまったが、オッサンになって語りたい事も増えてきたし、ブログも最近サボってたからまぁ良しとしよう

じゃ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。