AIR AGENCY BLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
星の王子様
今日はノンビリ風呂に入るぞと心に決めビールと夕刊を持参して浴槽へ


ふとファンの方から頂いた星の王子様がある事を思い出した

読んだのはだいぶ昔の事だから内容はサッパリ憶えてない
しかしながら、ミュージアムが出来たり‥何といっても国境を越え愛され続けている童話なのだから新たな感動が沸き起こってくるに違いあるまいよ、と思いつつ読み進めていくのだが、長風呂で汗ダラダラになってるせいかビールのせいかピンとこないのよ


‥ヤバイと思いました

もしやワタシはピュアなキモチを失ってしまった俗っぽい大人なのかもしれん
(元々がピュアでは無いのかもしれんですよね)


いっそ途中で止めてしまおうかとも思ったけど半分以上いっちまったから読んじゃいましたよ


読後に分かった事

①生来自分はこういう童話に感動なんかするもんかい!という皮肉屋な一面がある事
②分かっちゃいるけど夢見がちじゃ現実を生きてはいけないのよ!と自分を戒めている
③その他も~ろもろ

ところで、全くもってピュアじゃないワタシにも幼少の頃から今日に至るまて燦然と輝き続ける童話がある

①グスコーブドリの伝記(宮澤賢治)
※ブドリはワタシの憧れの人物そのもの
②やさしいライオン(やなせたかし)
※アンパンマンで有名な方ですが、それより随分前に書かれた作品
保育園の頃に泣きまくった
今でも書店で扱ってますよ
③小川未明童話集
※小学生の頃に母親が買ってきた
言葉に出来ない心の震えを感じた


もし気が向いたら読んでみそ
なんかイッパイ思い出してきたな~

本に関しては惜しみなく与えてくれた母親に感謝せねば

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
秋の夜長に…
秋の夜長に、長風呂、童話。
ここにビールが加わっちゃうのに笑ってしまいました。

私も皮肉屋ヤサグレ系なので、誰からも好かれるタイプの童話を楽しめない性格です。

私が泣きはらすほど心を揺さぶられたのは、宮沢賢治では「よだかの星」かな~。

小川未明は、これを童話といっちゃっていいんですか、みたいな、ありえないエンディングとかありますね(笑)。
この人子供に媚びてねえな、と思います。

子供は媚びる大人は本能的に見抜くし、媚びる大人から得るものはないことも本能的に知ってる。ことを知ってる作家さんが、ガチで子供に向かって書いてるので、読んだ子供は意味が分からなくてもキョーレツに何かを感じるんだと思います。
アレレ?この文こそ何だか意味不明ですいません(笑)。

「やさしいライオン」は読んだことないですが、そこまで言われるなら読まねば(笑)。

また、本の思い出書いてください。
楽しかったです~。


2011/09/30(金) 03:15:28 | URL | miho #-[ 編集]
おはよう!
啓治さんおはようございます只今起床しました。爽やかな朝です。

星の王子様は~…、読んだコトないです。昔から、いつか読もうと思いつつも、今に至るまできっかけに巡り会えず…。きっかけは啓治さん。読んでみます。あとの3冊もしらないな~。わたしコドモの時、どんな本読んでたんだろか。…図書館行って来よう。

じゃ、今日も一日ガンバリましょう

2011/09/30(金) 06:47:42 | URL | 陽 #-[ 編集]
読書の秋ですね(^-^)
お早うございます!

入浴中の飲酒は、やめた方が良いですよ!危険です!(>_<)

私も半身浴中に読書をしますが、アガサ・クリスティ作品が多いですね(^^)

いとこが小さい頃は、誕生日に童話を贈ったりもしましたが…最近は買ってないですねぇ(+_+)

小川未明は郷土の人なので、地元の書店でよく見ますし、改めて買って読んでみようかなぁ(´ー`)
ちなみに、私の心に残る童話は、「焼かれた魚」です(^-^)

それでは!(^O^)/
2011/09/30(金) 07:39:31 | URL | ゆきえ #-[ 編集]
大人になって読むと・・・
子どもの頃は何とも思わなかった絵本を大人になって改めて読むと、違った感想や想いがわいてきますよね。最近読んで、あ~と思ったのが100万回生きた猫です。とても短い話だし、ベタですけど。
私にとっては子どもの頃から見ているアニメなんかもそうで、藤原さんがご活躍されているクレヨンしんちゃんなんかもそうです。まさかこのアニメで泣くようになるとは…と、大人になったな~と実感したりします。何はともあれ、いつも応援しています。毎日ブログをチェックするのが楽しみです♪
2011/09/30(金) 09:28:19 | URL | ゆりえ #-[ 編集]
本は心の友です。
読んでみます。
また思い出したら色々教えて下さい。
あと、ダイビングに行った時の写真の整理がついたら載っけてほしいです。ずっと待ってるのに~。
あんなに暑かったのに、これから寒い冬がくるのかと思うと夏よ、行かないで、と思ってしまいます。
それにしてもビールと夕刊と童話…すごい組み合わせです。童話って汗びっしょりになって読むものなの?(笑)
2011/09/30(金) 11:03:08 | URL | クリスピー #-[ 編集]
まぁるいサチノさん
ラブです=^・+・^=

今日はお休みなうえにヒマ人なので、とりあえず図書館に行ってみます。。

星の王子様を何度手にとっても最後まで読破出来ないのは、私もピュア不足な大人になってしまったからでしょうか(笑★)
2011/09/30(金) 11:16:20 | URL | EMY #-[ 編集]
星はいつみても
星の王子様のミュージアム楽しかったのを覚えてます。遠かったけど。

また行きたくなりました。

それでは、また書き込みします(*^^*)

青エクのラスト(日曜)どうなるのか・・・会社で先輩と盛り上がりたいと思います。
2011/09/30(金) 12:24:16 | URL | もえ #SFo5/nok[ 編集]
読書の秋ですね
初めてコメントさせていただきます。

『星の王子様』
私も実家の書棚に転がっていたような気がします。(笑)
今度戻ったら探してみようかな?

私も幼い頃から両親に本と触れ合う機会を与えてもらい、とてもありがたい体験だったなぁと感謝しています。
今は飛躍的にメディアが発達し、便利な世の中ですが、やはり『文字』から得るものはまた違った感動や衝動がありますよね。
時間に追われる毎日ですが、藤原さんオススメの本をさっそく読んでみたいと思いました。

また素敵な本に出逢われたら教えて下さいね。
2011/09/30(金) 12:38:54 | URL | 都 #-[ 編集]
こんにちはm(__)m
私は、藤原さんをピュアで情熱的な方だと思います。
たとえ本じゃなくても、
心が反応することが一つでもあれば、
それは美しい魂がキラキラ輝いている証拠ですよね(´▽`)
私には藤原さんがとても輝いて見えます(☆▽☆)
眩しいです!

ステキな本のご紹介、ありがとうございましたm(__)m
2011/09/30(金) 13:29:47 | URL | ヒロ #-[ 編集]
読書の秋
こんにちは。
いしいしんじ著 プラネタリウムのふたご は読んだ事はありますでしょうか?
ひねくれ者の私が感動した一冊です。
いしいさんの言葉のチョイスがまた素敵な世界を作っていて、読み進めると情景が浮かび本の中にいるような気持ちになります。
あたたかくもどこかさみしい、ちょうど秋の夜長にはぴったりかと思います。
機会がありましたら、お手に取ってみてはいかがでしょうか?
お仕事頑張って下さい。
2011/09/30(金) 14:20:40 | URL | なお #-[ 編集]
im
自分はちょっとピュアじゃないかも、という方には長新太氏がお勧めです。
ピュアとかそういった概念すらわからなくなります。
宮澤賢治氏といえば『よだかの星』です。なんともやるせない気持になります。どうにもこうにもできない感情が渦巻きます。たまにそんな時間が欲しくなります。
2011/09/30(金) 15:13:19 | URL | かかし #-[ 編集]
最近は
活字はハリーポッター位しか読まなくなってますね。。。

昔はお小遣いほぼ小説に使ってたのにw

また、小説買ってみようかな^^

読書の秋ですしね!

啓治さんおすすめの本読んでみようと思います(*´∇`*)
2011/09/30(金) 17:24:58 | URL | こずえ #-[ 編集]
読書の秋♪ (^-^)♪
やっと一つ藤原さんとの
共通点を発見!!
それは母が本は惜しみなく与えてくれた事!!

いや…
藤原さんのお母様とうちの母親との共通点ですかね
f^_^;

うちの母も簡単に玩具は買ってくれなかったけど、
本だけは『ダメ!!』て言った事がありません。
今でも読者が好きなのは
その影響が大きいのでしょうね♪ 感謝です♪♪

映画に出てくる壁一面に本が並んだ【図書室】
憧れますわぁ~♪
(´Д`)♪

でも驚かれる?白い目で見られる?のを覚悟して言えば…実は…
童話全般苦手です(>_<)

これって藤原さんの言葉を借りれば…
【俗っぽい大人】なんですかぁ!? ショックー!!
こんな共通点イヤー!!(笑)
2011/09/30(金) 17:58:30 | URL | おじゃ #-[ 編集]
秋、ですね~
今日はやたらと金木犀の香りがしてました、秋なんですね

藤原サンはいろんな秋を満喫されてますね
星の王子様に対する考察面白い(笑)人それぞれの感じ方がありますよね、私も藤原サン寄りの考え方かもです…ハハ

てか小さい時から変なのしか読んでないや(今も変わらず)

にしても素敵なお母さまですね~、私は専ら図書館ばっかでした
藤原サンおすすめの本読んでみまーす!特に「やさしいライオン」気になるなぁ

ではでは、藤原サンこそ風邪などキャッチされませんよーに!
長文失礼致しました
2011/09/30(金) 19:38:52 | URL | タカ #-[ 編集]
心で見なくちゃ…大切なことは目に見えないんだ
↑ほんとそう思う

泣いた絵本といえば "スーホの白い馬"
涙ながらにも力強さを感じたのを覚えてます
あぁ、だるまちゃんとてんぐちゃんも好きだったなぁ

初めてのことばかりで記憶に残るのが強いからでしょうか
特に小さい頃のことは覚えてますね
この時の見たこと聞いたことを忘れてなければ
ピュアな気持ちは失ってないですよ

さて‥秋の夜長のお供は何にしよう

啓治さんの心に輝き続ける童話を読んでみようかな(^-^)
2011/09/30(金) 20:54:44 | URL | シボ #bNWvtjiY[ 編集]
私も童話を読んで感動するのか、とか
子供騙しだ、とか思ってました(笑)

でも本を読むことは
好きなので読んでみようかな…
2011/10/01(土) 01:22:47 | URL | あさ #-[ 編集]
いつか
癖で真ん中あたりのページをちらっと読んで自分のなかの何かがしっくりくると本を購入しています

今はしっくりこられてないだけで、もしかしたらまた何年後かに読まれると、すと~んとしっくりくる時があるかもしれませんです(新聞、お風呂にいれても、へにゃへにゃにならないのですね)

童話は普段なかなか手にしないジャンルなので、教えていただきありがとうございます読んでみたいです


さちのさんも、お風邪ひかれませぬよう、ご自愛?くださいませ
2011/10/01(土) 05:41:34 | URL | ぐみ #-[ 編集]
童話
物語りは好きです。
藤原啓治さん こんにちは。

小川未明童話集では「飴チョコの天使」の作品。
別役実童話集では「風の研究」。

別役実さんは言葉遊びのような、言葉リズムが好きです。別役実さんの作品もいかがですか?お進め致します、こんがらかりそうな童話ですが…。

「応援」しております、ではまた。
2011/10/01(土) 16:51:20 | URL | みか #-[ 編集]
グスコーブドリの伝記
啓治さんも書いている「グスコーブドリの伝記」には小学校のときに出会い、繰り返し、繰り返し読みました。感想文のテストや友達にお薦めの本を紹介しようという授業のたびに布教しておりました。あのラストには今でもぐっとくるものがあります。
大人になってから手元に無いことに今気づきました。今度、書店で買おうと思います。気づかせてくれてありがとうございます!
2011/10/01(土) 21:53:04 | URL | Pろー #-[ 編集]
児童文学って深いですよね。
こんばんはv-280
児童文学こそ、子供だけでなく大人も読めるものであって欲しいと思います。
星の王子様は哲学的な要素が強いように思いますが、確か飛行士であった作者の体験が大きく影響しているんでしたか。「大事なものは目には見えない」という台詞が印象に残っています。ミュージアムもいつか行ってみたいです。
…本当にピュアでない方は、そもそも自身がピュアであるかどうかで葛藤しないと思いますよ~。(生意気を言ってすみませんv-356

私が小さい頃は、母親がよく地元の図書館で、まんが日本昔話のカセットテープを借りて聞かせてくれました。他にもスーホーの白い馬、ごんぎつね、スノーマン、悪魔のりんご、モチモチの木、スイミー、100万回生きたねこなどが心象に残っています(皆様が既におっしゃっている本も御座いますね!此方の皆様のコメントを読ませて頂くのもとても楽しみにさせて頂いています。共通項を発見すると、つい嬉しくなります!)
↑の作品は、悲しい結末を迎えてしまうものが多いのですが、当時の経験乏しい(今も乏しいのですが 苦笑)子供な私には、それ位の表現をとらないと、悲しいことをきちんと悲しいと思えない人間になっていたかもしれないなあ、とふと今になって思うことがあり、作品に感謝しないといけないな~と思います。又、今更になって思うのですが、こうした作品は、ただ悲しいだけでなく、もしかしたら「こんな悲しいことが起こってもいいのか?」と筆者が投げかけているのかな?などとも最近になって、思えたりもします。
(長々と申し訳ありませんv-356
藤原さんお薦めの御本も探してみますね~!v-410
2011/10/01(土) 22:35:32 | URL | こん #FXbBe/Mw[ 編集]
初めまして、今晩は。
『星の王子様』
最初に読んだのは中学生の時でした。
その後、2、3年前に読み返した時に涙したのを覚えています。
好みの本ではなかったのですが、そこには何か自分の次元とは違う温かい救済が、
あったように思え、
再び読んで良かったナと。
ぼんやりと、そしてふわふわっと、回想しました。
2011/10/03(月) 02:28:52 | URL | 魚 #-[ 編集]
藤原さんはぴゅああとおもいますよ
藤原さんはあれですよ、ピュアであることを隠していたら自分でもピュアであることをわすれちゃったんじゃないですか?www
私は星の王子様読んだことないんですアニメは少し見ました、わがままなバラが出ていました、、、
子供のころチャイルドとか言う童話全集を持っていた気がしますがあんまり覚えていません

私は本気でピュアではありません
映画とか、泣かせよう泣かせようとしている匂いがすると
へっとかなって白けますw
一杯のかけそばというお話は
お店で食べないでスーパーで買えば家族3人お腹いっぱい食べれるのにとか思いましたし?「世界が泣いた」とか言う売り文句は好きではないし、、、
童話ではありませんが梶尾真治さんのクロノス・ジョウンターの伝説で久々に活字読みましたらもうはまりましたよ^^梶尾さんはくれよんしんちゃん大好きだそうですよ

あ、それと

ビールを飲んでお風呂に入ってはいけませんよ!!!!沈んだらどうすんですか!!!
おこりますよ!!!
風呂から上がってから飲んでください

泣きますよ
2011/10/03(月) 22:18:00 | URL | みやび #-[ 編集]
100万回生きた猫・・・・・・今でも読み返します。
2011/10/11(火) 22:00:14 | URL | ささね #7bTLJ0n.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。