AIR AGENCY BLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パラオ③
なんかまだボケてます


さて‥パラオは大東亜戦争(太平洋戦争)の激戦地であり、特にぺリリュー島には日米双方の戦車や戦闘機などが残骸となって遺されています
砲弾が撃ち込まれ崩れた岩肌もそこかしこで見かけます


同じく激戦地だったサイパンでも海に沈んだ零戦を見た事があります
知る由も無い戦時下の様子を想像してみたけれど上手くはいきませんでした
透き通った海と白砂がジャマしたんだと思います

時を経て日本統治下にあったパラオやサイパンにパスポートを携えてやって来て美しい海を満喫するワタシですが、その地に刻まれた歴史を踏まえて‥というのが礼儀であろうと考えます


パラオには親日的な方が多いのです
観光客として訪れる我々をパラオの人達は親近感をもって迎えてくれます
戦争の是非はともかく、この様な土壌を育んでくれた先人に感謝せねばなりませんね


なんだか内容が思わぬ方向に行ってしまったな
まぁ良い事にしよう

パラオ08



じゃ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
素敵です
最後の写真も、啓治さんが語る思いも響きます。
やっぱり啓治さんは素敵な人です。

南国のリゾート地は、戦争で亡くなられた沢山の方達が眠ってらっしゃる場所が多くありますよね。

同じく私も一人の人間としても、日本人としても、旅行で訪れる際は過去の歴史を忘れてはいけないと思ってます。

私は海外で太平洋戦争の劇戦地だった地域へは行ったことはありませんが、いつか行く機会があるときは亡くなられた方がたに、そっと手を合わせたいと思ってます。

戦後しか知らない私には想像も出来ない凄惨な過去があって、今自由に生きれる世に私達はいるんですもんね。

さっ…啓治さんそろそろ休みボケから覚めて下さいね~(≧▽≦)/

スタッフさんに怒られちゃいますよ(笑)
2012/01/11(水) 13:04:48 | URL | さと姫 #6BVMSIUM[ 編集]
いろいろな人の思いや
いろいろな時代の流れ、動きの、そのあとに
自分たちは生まれ生きているんですよね。
現地の方が当時、統治国だった日本に、いまでも友好にしてくださるのは嬉しいことですね…
自然も人もきれいな場所なんて、最高ですね!!
2012/01/11(水) 23:57:35 | URL | amanodragon #-[ 編集]
藤原さん、こんばんは(^-^)/★
たくさん更新されていて嬉しいです(^^*)

パラオのお写真どれも素敵です。でも藤原さんのおっしゃっている通り、その地の歴史を忘れてはなりませんね。
いつもどこかに響いていますが、このパラオの記事はまたどこかに大きく響きました。

それにしても、自然に溶け込む藤原さんを見ているとこの1月の試験月真っ最中の私はなんだか心が和みます。

おやすみなさい(^-^)
(試験が終わったらお手紙を書きます!!)
2012/01/12(木) 02:07:27 | URL | うか #-[ 編集]
じゃ…? (¨;)
終わり…ですか?
藤原さんが『じゃ』て言う時は、さっくり終了な感じが…。(´~`;)

パラオには行った事ないですが、長崎に行った時似た様な感覚になりました。
遊びに来てる自分と、資料館に飾られた特攻隊の方々の写真や手紙…。

恥ずかしい様な、じゃあ、どうすればいいのか分からない様な複雑な気持ちになりました。(/・_・\)

当時の私は藤原さんの様に明確な答えも出せず
ただ後ろめたーい気持ちになったのを覚えてます。

おっと!!
私も話がズレました!!(笑)

演歌に出るような海に囲まれていると、南国の海の色はまるで着色!!(笑)
不思議♪
でも本当綺麗ですねぇ♪♪
2012/01/12(木) 10:16:23 | URL | おじゃ #-[ 編集]
やっぱり
まだ戦争の痕跡はそこかしこにあるんですね。
それでも温かいパラオの人達…。
うれしいような申し訳ないような。

水木しげる先生が、かつて自分も戦ったニューギニアの戦地に行かれたドキュメンタリーを見たことがあります。

パラオと同じく、日米どちらも現地にとっては外国人が、先祖代々の母なる土地を荒らし回った、その被害者である人々が、水木先生を温かく迎える姿に、現地の人々の大きさを感じました。

許すとか許さないとか、うらみとか、そういった感情もきっとなくはないと思うのですが、それ以前に、自然の大きな流れにシンクロして生きている人々には、懐の深さというのがあるのかもしれませんねぇ。

だからといって甘えちゃいけないけど。

美しい島々はいつまでも美しく、島の人々もいつまでも大らかな人々であって欲しいです。
そしたら藤原さんもおじいちゃんになってもダイビング楽しめますもんね~・笑。
2012/01/12(木) 15:21:35 | URL | miho #9BPdTliE[ 編集]
はじめまして
はじめまして。

海の写真を見つけて、コメントしてみようと思いました。
こんなに綺麗な海なのに、隣接している国はとても重い過去をもっているのですね。
パラオには訪れたことが無いのですが、この記事を見て、歴史というものに直接触れてみたいなと思いました。
いつも触れているものですが、人の記事をみると、改めてそう思います。

綺麗な海の写真、ありがとうございました。
これからもご活動のほう、応援しております。新年もがんばってください。
2012/01/12(木) 17:10:23 | URL | 霧香 #V5TnqLKM[ 編集]
本当に碧くてきれいな海ですね。
こんばんはv-354
(私自身は全くやったことがありませんがv-356)ダイビングって、人間の方から海洋生物i-276に会いに行く、というスタンスが素敵だな~と思います。

太平洋戦争をテーマにした小説を読んだり、映画を見たことは有りますが、当時の人々の多くは、常に命の危険がつきまとう日々に憔悴していて、どのような立場であれ、早く戦争が終わって、平和な日常生活をおくれるであろうことを待ち望んでいたように思います。
ので、藤原さんのお写真のように、穏やかで美しい海と、それを純粋に楽しめる状況というのは、まさに当時の人々が望んでいた状況そのものなのでは?と思います。
2012/01/12(木) 18:31:51 | URL | こん #FXbBe/Mw[ 編集]
パラオの国旗の意味を知ったとき、奥ゆかしさを感じました
日本人への思いが今もなお変わらないことは、とてもありがたく嬉しいですね

私が知らないだけで多くの歴史があり現在がある
そう思うとどことなく‥過去と今を表しているような写真に見えました

計り知れない多くの犠牲や悲しみのなか、希望を失わず
この海のように澄んだ世界になるように
人々が輝く未来であるように
そう願ってやまなかったかもしれない

歴史や遺されたものを受け止め、守り伝え続けなければいけませんね


キレイな海の写真ありがとうございます!
私も海が見たくなりました(^^)

2012/01/12(木) 20:31:19 | URL | シボ #bNWvtjiY[ 編集]
いろいろ考えちゃいます
私はあほだから考えても考えても
きれいな海だな~ってなっちゃう
他の方のコメントを見て
あ~やっぱり私はあほだな~とおもいながらもやっぱり

きれいな海だな~
一度くらいはこんなきれいな海にどっぷ~~~んと飛び込んでみたい
あ、かなづちだから溺れる~!

啓治さん潜った後のお写真ですか?

で、次は海の中のお写真ですか
まだ終わらないですよね~?ね?ね?
ねっ!
2012/01/12(木) 23:13:46 | URL | みやび #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。